開業から運営までのまとめ

初心者必見!失敗しないネットショップ運営で月商10万円を稼ぐ方法

誰でも簡単に開業することができるネットショップで今やネット上に大量に存在しています。
しかし稼げるという話もあまり聞かないし、実際稼げるの?と思われるかもしれません。

実際にネットショップで稼ぐことはできます。
しかし大半の人はほぼ稼ぐことができていません。

だからこそ、今回は月商10万を目標にして、稼ぐためになにをしたらいいの?ということに関して全て包み隠さずお話ししていきます。

まずは開業しよう!

ネットショップって言っても何をしていいのか分からないという方が多いですが、やはりまずは行動することが重要です。

開業できない人の典型的な特徴

行動ができないからもいますが、なぜ行動ができないのかには原因があります。

  • 損をするのが怖いから
  • めんどくさいから

大まかにこの2種類の原因があり行動ができていない人が多いです。

損をするのが怖いから

これが原因で行動ができない方は今回お話しするネットショップ以外でも開業や起業をすることはできませんし、できるとしても絶対に稼ぐことはできないでしょう。

ビジネスの最も基礎的な原則は「安く仕入れて高く売る」です。
何かをするためには「損をする」という考えから「これで売上を上げる」という考えは重要になります。

めんどくさいから

この考えがあるうちはどんなビジネスを行っても必ず失敗しますので自分で行うビジネスは諦めましょう。
しかし雇われて仕事をする会社員と比べて「自分で考える」ことが重要になり、その考え次第で売上や方向性を好きなように考えることができるので「めんどくさい」という思考から「面白い」という思考に変わることがあります。

開業するために必要なもの

それではネットショップを開業するために必要なものを全て挙げていきます。
開業する方法は大きく分けて3つになります。

ショッピングカートASPを利用する

カラーミーショップMakeShopなどが有名ですね。
手軽に始めるのであればカラーミーショッがおススメです。

まずは30日間無料お試しで「カラーミーショップ」を実際に体験する カラーミーショップの評判がよい理由!ネットショップ作成ツール比較

レンタルサーバーを借りて独自ドメイン型ECサイトで運営する

この場合はドメインを取ってWordPressを利用するのが良いでしょう。
レンタルサーバーは月500円程度から数千円運用費用がかかりますが、ショッピングカートは無料で利用出来るものがあります。

MEMO
ネットショップ構築プラグインといえば日本製のプラグイン「Welcart」が有名です。
WordPressでネットショップを開業するのに向いてるのはどんな人?

無料ネットショップ開業サービスを利用する

無料でネットショップが作れるといえば「BASE」などが有名ですね。

無料で簡単に使えるネットショップ「BASE」アカウント登録から商品登録まで

開業をしたら何をするの?

早速ネットショップを開業したが、商品を仕入れてそのままネットショップにアップロードしてしまったら後はそのまま放置するだけでネットショップの体裁は整えることができます。

しかし「稼ぐことのできない人の大半はこれだけで終わってしまいます」

では月商10万円を稼ぐためにやることを挙げます。

毎日数字をチェックする

月商10万を稼ぐためには必ず数字をチェックするようにしましょう。
どんな数字なのか?というと

  • 流入数
  • 購入数
  • リピート数

主にこの3つです。
それぞれ説明していきますね。

流入数 ネットショップにアクセスした人数
購入数 商品を購入した人
リピート数 同一人物が再度同じ、もしくは違った商品を購入する回数

しっかりと数式で考えることで更に明確に月商10万円を達成するビジョンが見えてきます。

購入数÷流入数×100=購入率(%)
流入数×購入率×金額=10万

このような計算式を立て、それぞれの現状を当てはめることで自分のネットショップに何が足りないのかを分析することができます。

始めに陥りやすい問題

ネットショップを開業して始めに陥りやすい問題があります。

「流入数が足りない」という問題です。

だからこそこの問題を解消するために例えば広告を出したりすることで知名度を広げることをしなければいけません。
そうすることで徐々にネットショップの知名度が広がり流入数は自ずと増えていきます。

ただ開業をするだけでは絶対に月商10万円を稼ぐことはできない

これまで開業をしてから何をするのかをお話ししてきましたが、ここで開業する前にやることを挙げていきます。

市場をリサーチする

売りたいものを決めてネットショップで販売をしていきますが、その前にその業界の競合相手を知っておくことが重要です。
同じジャンルで金額も一切変わらない、サービスも全く変わらないのであれば顧客が今まで使っていたネットショップを使い続けます。
そのために競合相手をしっかり調べ、どのような商品、金額、サービスをチェックしましょう。

論理的に戦略を練る

戦略がない状態で戦場に立っても先が見えず、損ばかり増えてしまい最終的にネットショップを閉鎖するという方が後を絶ちません。
そのためにまずは戦略を練ることから始めましょう。

ここで戦略を練るためのコツをお話しします。

前述でお話しした数式
購入数÷流入数×100=購入率(%)
流入数×購入率×金額=10万

この数式でリアルな数字を入れることで現実味を帯びていきます。

例えば1000人が流入して、その中で10%が1000円の商品を購入する場合

1000(流入数)×10%(購入率)×1000円(金額)=10万円
これで月商10万円が達成できます。
このように数字を当てはめることで大まかな戦略を出すことができます。

リスクマネジメントをしよう

一番始めにお話しした損をすることが怖いから行動を起こすことができないということですが、どんな人でも損(リスク)を最小限にするために様々な戦略を立てています。

このリスクを最小限にすることを「リスクマネジメント」と言います。

例えば初めてWordPressでネットショップを開業する際にレンタルサーバーやドメインを準備しますが、レンタルサーバーを借りる場合に気合を入れて一番大きいプランに契約をするということはリスクマネジメントを一切考えていないということになります。

根戸さくお

安価でもすぐダウンしてしまうようなサーバーは問題外ですが。。

自分が考えている流入数で最も負荷がかからないレンタルサーバーで最も適しているプラン(初めての場合は最も安いプランになると思います)を選ぶことで毎月かかるコスト(損)を抑えることができます。

月商10万円を目指す場合でも月商100万円を目指す場合でも全て同様にリスクマネジメントは重要になります。
どんなことが起きても損を最小限にするための策を練っておきましょう。

おすすめのサーバー

まずは1円を稼ぐことを目標にする

現状様々なネットショップが乱立していますが、その中では半数以上が1円も稼ぐことができていません。
だからこそまずは1円を稼ぐことが重要です。

1円でも稼ぐことができたら自信に繋がる

稼げない原因は「自信がない」ことも挙げられます。

自分の戦略に自信が持てなかったり、本当に売れるのかといった自分に不信感が生まれてしまいます。
だからこそ自分で開業したネットショップで自分の力で売上を上げることができれば自ずと自信を持つことができますのでまずは1円、商品を1個でも売ることを目標にしましょう。

最後に~月商10万円を達成することができたら~

今まで月商10万円を目標にしてネットショップを運営してきましたが、月商10万円を達成することができたら次に何を行うのかをお話しします。

月商10万円を継続させる

一度月商10万円を達成させることは今まで話した通り意外と簡単にできます。
しかし毎月月商10万となると「新規流入数」や「リピート数」が重要になるので戦略を更に緻密に練らなければいけません。

だからこそ次に継続的に月商10万を稼ぎ出すネットショップを目指しましょう。

目標を大きくする

継続することも重要ですが、月商10万円の目標だけではなく更に大きな目標を持ちましょう。

0から月商10万円より月商10万円から月商100万円を目指すほうが遥かに簡単です。
だからこそ更に大きく稼ぐために今まで紹介した数式を当てはめての戦略を練っていきましょう。

月商100万円のネットショップの作り方「プロセスとチェックポイント」

あとがき

前項で「0から月商10万円より月商10万円から月商100万円を目指すほうが遥かに簡単です」と書きましたが独自ドメイン型ECサイトの場合月商100万円やるのは相当頑張らないと難しいです。

根戸さくお

実感です!

売上アップの一つの手段として「費用対効果」もしっかり考えなくてはなりませんが、この辺がうまくトントンと行くと売上が伸びる可能性があるのである程度しっかり予算を立てて運営することも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です