開業から運営までのまとめ

ネットショップ開業なら必ず導入させたい人気決済方法ランキング

今やどこにいても気軽に買い物を楽しめるネットショップは誰しもが1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

大手通販サイトも存在し、その中でお客様がどのサイトやネットショップを選択するかは、希望の決済方法に対応しているかどうかという点も非常に大きいでしょう。
ニーズに対応した決済方法がないと、顧客離れが起こるという可能性も十分に考えられます。

では顧客にとって希望する決済方法とはどのようなものが主流なのでしょうか。
ここではネットショップにおける顧客の人気決済方法についてランキング形式でご紹介していきます。

支払い方法の一覧

ネットショップや通販サイトでは様々な決済方法が表示されていますが実際にどのような種類があるのでしょうか。
決済方法の内容と仕組みについてみていきましょう。

クレジット

現在はキャッシュレスに注目が集まっているため、実店舗やオンライン問わずクレジットカードを利用して買い物をする方が増加傾向にあります。
ネットショップにてクレジットカードを利用する場合はカードに記載されている番号や情報、暗証番号等を入力するだけで決済が可能となります。

銀行振込

銀行振込はネットショップ側が指定した銀行口座に購入者が商品代金を振り込むという決済方法です。
こちらは通販サイトが本格的に広まる初期の頃からあるので、幅広い世代の方が利用される決済方法です。

コンビニ決済

コンビニ決済はネットショップから購入時にメールなどで送られてくる支払番号を各コンビニの専用端末で読み込ませるかレジへ持って行って決済する方法です。

支払番号等は印刷して店頭へ持って行くか、番号を口頭で伝えても決済は完了します。

スマホ決済サービス

現在注目を集めているPaypayやLINE pay、楽天ペイ、メルペイなどがこれに該当します。
スマートフォンに決済サービスのあるアプリをダウンロードし、自分のクレジットカードや銀行口座を登録・紐付けしておくことで、支払いができる決済方法です。

キャリア決済

スマートフォンを使って購入ができる決済システムで、支払いは月額の携帯電話料金に利用分が加算されて請求がいくようになっています。

代金引換

商品を配送業者から受け取る際に商品代金を支払う決済方法です。
通販サイトが本格的に広まる初期の頃から使われている決済方法で、購入したら料金を用意して荷物を待つだけとなるため、特別な手続き等は入りません。

明確にはまだ他の決済方法がありますが、以上が近年注目を集める決済方法から通販サイトが広まる初期から根強く使われている決済方法です。

各種支払いのメリット・デメリット

上記に記載した決済にはそれぞれ特徴があります。
購入者はどの支払い方法のメリットが自分に一番合っているかによって決済方法を選択します。

ここでは決済方法に応じたメリットデメリットについてご紹介します。

クレジット

メリット

購入者側のメリットとしては、購入に伴いクレジットカードのポイントを貯めることができます。
ショップ側のメリットとしてはクレジットカードを導入していることでの顧客からの信頼感、また決済スピードの速さや、商品代金の未入金がないこと等が挙げられるでしょう。

デメリット

ショップ側で決済方法として導入の際には手数料が取られたり、審査や手続きに時間を要したりすることがあります。
ネットショップ開業前には余裕を持って申請する必要があります。

銀行振込

メリット

銀行振込は通販サイトが本格的に広まる初期の頃からのある決済方法です。
初期はこれがスタンダードな支払方法でした。

ネットショップ側でも手数料(振込等)がかからないというメリットがあります。

デメリット

入金の確認が取れ次第の発送となるため、土日祝日などを挟んでしまう場合など、入金確認に時間がかかり、発送までに時間を要することがあります。

コンビニ決済

メリット

コンビニ決済はとにかく時間の制約がないのが最大のメリットでしょう。
コンビニは現在通常24時間営業のところが多いので、忙しい方でもすぐに入金手続きができます。

また、コンビニ決済の場合は基本的に前払い方式のためネットショップとしても安心して商品を発送することができます。

デメリット

対象のコンビニが近くにない場合は探すなど手間がかかってしまう場合があります。

スマホ決済サービス

メリット

お財布や現金を持っていなくてもスマートフォンさえあれば決済ができるので、購入者は気軽に買い物を楽しむことができます。

デメリット

キャッシュレスの効果で注目されているスマホ決済ですが、現状まだ使えるお店が少なく使用できる範囲が狭いのも現状です。
サービスによっては導入できないといったケースもありますので、運営する際に導入できるかどうかの確認をしておく必要があります。

キャリア決済

メリット

クレジットカードを持っていない方でもスマートフォンがあれば支払いが可能です。
また決済がすぐにできるので商品の発送までもスムーズに行うことが可能です。

デメリット

ネットショップに導入する場合は時間を要する可能性があります。
またお客様の利用するキャリアによって仕様が異なるので、管理がスムーズにいかない可能性があります。

代金引換

メリット

受け取り時のお金さえ用意しておけば他に手続きは必要がないので、機械操作が苦手という方でも気軽に買い物ができます。
また、受け取りと同時に支払いが完了するので、ネットショップ側にとって確実に入金されるという安心感のある決済方法です。

デメリット

宅配ボックス等がある建物でも、受け取り時の代金を支払わなければならないので、在宅している必要があります。
また店舗側としては万が一受取拒否といったことがあった場合、商品代金など全額をショップで負担する必要があります。

人気支払い方法ランキング

実際にネットショップで人気の決済方法とはどの方法になるでしょうか。

それぞれメリットデメリットがありますが、購入者の方がどこに魅力を感じやすいのか人気5選をランキング形式で見ていきましょう。

    1. クレジットカード
    2. コンビニ決済
    3. 代金引換
    4. 銀行振込
    5. キャリア決済

引用元 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd232120.html

クレジットカードは最も人気の決済方法です

今やネットショップでクレジットカードの決済方法を導入していないショップはほぼないと考えて良いほど、主流の決済方法といえるでしょう。
またカードの利用に応じてポイントがつくのも利用者が多い理由の1つだと考えられます。

また、平成27年のデータではコンビニ決済よりも代金引換の方が上回っていましたが、ここ数年でコンビニ決済の利用が急増し、ネットショップへの導入率も上がりました。
銀行振込に関しても、ネットバンクからの振込で手軽にスマートフォンのみで入金手続きができるようになったため、引き続き利用する購入者も多く見受けられます。

一方で現在は代金引換の購入は利用者が減少傾向にあります。

MEMO
しかし代引きしか使わないというか方もいますので、なかなか決済方法から外せないのが現状です。

この傾向から、気軽に時間や場所を選ばない決済方法が人気を集めていると考えられます。
現在は導入店舗も少ないため、ランキングからは除外されていますが、今後スマホ決済も導入店舗が増えてくれば、人気の決済方法となるのではないでしょうか。

ネットショップを始めたい初心者のための基本的な開業講座

決済方法ランキングまとめ

気軽に買い物ができるネットショップですが購入時だけでなく、その決済方法もとても簡単でスムーズに行えるようになってきています。
商品のラインナップはもちろんですが、支払い方法も買い物をする上で大事な選定ポイントとなります。
ネットショップ運営の際には、様々なお客様のニーズに対応できるよう、主流の決済方法はもちろん、できる限り多くの支払い方法を用意しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です