開業から運営までのまとめ

ネットショップに必要不可欠な売れるショッピングカートをの選び方!

「趣味で始めた作品を売っていきたい」「売れるショップ作りをにしたい」「そもそもショッピングカートってなんなの?」

本記事ではそのような疑問にお答えすべく、ネットショップとは何か?から始まり、事前的な知識や売れるためのショッピングカートの選び方など今後必要となる情報をお伝えしていきます。

ネットショップを始めるのであれば売れるショップ作りを目指していきましょう。

2種類存在する?ネットショップ開設方法

ネットショップの開設方法としては大きく分けると2種類存在します。
初心者必見!失敗しないネットショップ運営で月商10万円を稼ぐ方法

ショッピングモール(モール型)

代表的なショッピングモール
楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazon」

「モール型」は楽天市場、Yahoo!ショッピングやAmazonのようにインターネット内のショッピングモールに出店し、開設する方法になります。実店舗で例えるとショッピングモールの中で店舗を借りて出店している状態です。

メリットとしては集客の必要性がないことが挙げられます。
モールが主体となってテレビコマーシャルでの宣伝やユーザーへのポイント配布で集客活動を行なっているからです。

デメリットとしては出店時のコストが高い点です。
モール内の店舗を借りているため、継続的な利用料が必要となります。
また、他店舗でも同じ商材を販売している可能性もあるので価格面での競争が激しくなる傾向があります。

注意
Amazonは出店というより出品になりますので、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」とは少々違うかも知れません。
楽天出店は「エンパワーメントプラン」か「通常プラン」かで考える? 「Yahooショッピング」開業0円プロフェッショナル出店でお店を開こう

ショッピングカート(カート型)

代表的なショッピングカートASP

「ショッピングカート型」は自身でサイトを立ち上げ、開設する方法です。
実店舗で例えるところの個人店舗になります。

メリットとしては出店時のコストの低さがあげられます。
個人で出店するのでモール内の店舗を借りる必要がないからです。

デメリットとしては集客が必要になる点です。
モール型と違い、個人のブランド力で集客を行なわなければユーザーに認定してもらえません。
ですがモール型とは違い、商材の規制や出店のルールが定められていないので比較的自由に出店できます。

カラーミーショップの評判がよい理由!ネットショップ作成ツール比較

「モール型」や「ショッピングカート型」の違いについてはご理解いただけたかと思います。

初めて開業する方にとって「モール型」はコスト面だけを取った場合はリスクが非常に高いのでおススメできない面もありますが、「売れるスピード感」を体感できるということならいきなり「モール型」出店も良いかも知れません。

その点、ショッピングカートASPを利用する「独自ECサイト」での開業は自由な形ででき、コスト面でのリスクもも低いのでゆっくり時間をかけてショップを育てて行こうと考えている方にはこちらがおすすめです。

ショッピングカートとは?

ネットショップを運営するためには自身のサイトを作るだけでは商品を販売することはできません。

ユーザーがお買い物できるよう商品を棚に並べ注文できる状況を作る必要があります。その際に利用されるのがショッピングカートです。

ショッピングカートとは、実店舗で例えるところのお買い物カゴに当たります。
サイト内に設置することで、商品の選択から購入までを一通りに行うことができ、購入の情報をもとに販売者は商品発送を行います。

初めての方にとってこの一連の流れを独自で組むのは難しいので非常に便利なサービスです。

カラーミーショップの始め方~テンプレート・独自ドメインの解説付

ショッピングカートの魅力!決済手段の選択

また、ショッピングカードの魅力として忘れてはいけないのが、購入者が決済手段を選択できる点です。
従来であればショップ開設時に決済手段の設定を行う必要があります。

例えば、クレジットカードを決済手段として利用する場合は、カード会社へ直接連絡し個別の契約が必要でした。
審査内容はカード会社ごとに異なるため、審査条件をクリアしなければ利用できません。
仮に複数のカード会社と契約できた場合でも、クレジットカード会社ごとに決済時の手続きが定められているため、ネットショップ運営者にとっての負担は大きくなります。

近年はキャッシュレス化も進んでおり支払い方法としてクレジットカードの存在は大きなものとなっています。

決済手段ごとに契約から決済時の手続きを代行してくれる各ショッピングカートASPは購入者、運営者それぞれにとって必要不可欠なものとなりつつあります。

ショッピングカート登録費用について

決済手段の幅を広めるショッピングカートなら、すぐにでも利用してみたいと考える方もいると思います。

利用料金はショッピングカートの提供先によって異なりますが、大きく分けると初期費用と月額費用の2種類になります。

初期費用は契約時に発生する登録料で、月額費用は毎月発生するシステム使用料です。
初年度発生する費用の内訳は初期費用+月額費用(12ヶ月分)になり、2年目以降からは月額費用が発生します。

忘れられがちなのですが商品の決済が行われると決済手数料が発生します。手数料は利用サービスによって異なるので契約時には注意が必要です。

また、途中解約する場合にも注意が必要で、解約の際の月額費用は12ヶ月分をまとめての支払いを求められる場合がほとんどですので契約時には入念に確認を行いましょう。

カラーミーショップを退会・解約する方法~始める前に知っておこう

近年ではBASEなどの無料ネットショップ作成サービスなどがありますので、初めて開設する場合はそちらの利用も良いかも知れません。

ただしビジネスで利用するなら有料のショッピングカートをおすすめします。

ショッピングカート無料と有料版を比較

ショッピングカートには無料カートと有料カートが存在します。
どちらを利用して販売するかは販売商材の規模によって大きく変わってきます。
一般的な違いとしては以下の通りです。

無料カート

  • 登録できる商品数が少ない。
  • テンプレートのデザインが用意されている。
  • 無料で簡単な登録を行うだけでサイトが作れる。

有料カート

  • ある程度自由にページデザインを変更できる。
  • 商品の登録数をプランごとに選べる。
  • ページ作成には専門的な知識が必要。

個人としてハンドメイド作品などの小規模販売を運営する場合は無料カートで、企業や事業のような大規模な場合は有料カートが向いています。
また、運営の感覚を掴んでみるために最初は無料カードを使い、運営に慣れてきた頃に有料カードに切り替えるのも1つの手です。

これを使えば間違いなし?!おすすめショッピングカート3選

ショッピングカートについてはこれまでのご説明の中でご理解いただけたかと思います。
この後は初めての方におすすめのショッピングカート3選をご紹介していきます。

BASE(登録無料で簡単にページ作成できる!)

何といっても魅力は初期費用、月額費用が無料という点。
必要な情報を登録するだけで開設ができるので、初めての方にとってはうってつけです。

無料で簡単に使えるネットショップ「BASE」アカウント登録から商品登録まで

STORES.jp(BASEと同じく無料!)

BASEと比較すると多少デザイン性や機能は劣りますが、その分設定が少ないので、少しでも早く開設したいという方にはおすすめ。

カラーミーショップ

プランによって利用できる機能が異なっているので利用してみたい機能や運営するショップの規模に合わせて4つの料金形態から選択することができます。

料金プラン
・エコノミー(834円)
スモール(1,234円)
・レギュラー(3,000円)
・ラージ(7,223円)
※上記に記載しているのは12月分で契約した場合の月額費用です。
※2020年2月19日(水)より「スモールプラン」の新規受付が停止になります。

レギュラー、ラージプランからは10,000ものフリーページ作れるので自分の好きなデザインでページを作ってみたいという方にこそおすすめできます。
また、いきなり費用をかけるのは抵抗があるという方には現在30日間の無料体験を行なっているのでお試し程度に始めてみるのもいいですね。

まずは30日間無料お試しで「カラーミーショップ」を実際に体験する

※上記のショッピングカートは初心者の方でも比較的簡単に始められるものを記載しています。

費用はかけたくないという方は「BASE」や「STORES.jp」、将来的に本業として運営していきたいという方はカラーミーショップでのネットショップ運営はいかがでしょうか。
他にもショッピングカートと呼ばれるものは多数存在するので、ご自身のプランに合ったものをお選びください。

まとめ

今回ご紹介した内容はどれも売れるネットショップ作りを行う中で必要不可欠なものばかりでした。
ネットショップとはどのようなものか、商品を売るためには何が必要かご理解いただけたかと思います。
あとは、ご自身の販売する商材に合わせてショッピングカートを選択するのみです。

最後に本記事がお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です