開業から運営までのまとめ

SANを利用して集客強化をしているが、なかなか結果がでずいまだ苦戦苦闘中

はい、根戸さくおです。

今回は40代男性「エルダー」さんの体験談です。

利用したショッピングカートは「MakeShop」です。
現在も継続中とのことですが、SNS等の宣伝効果も少なく、なかなか厳しい状況のようです。

根戸さくお

個人的な意見ですが、今の状態なら月額10000円程度費用がかかる「MakeShop」は必要ないのではないでしょうか。ただ化ける可能性もあるので判断は難しいですが(^^;

ペット用アクセサリーショップオープン

趣味で作っていたペット用のアクセサリーの評判が知人達に良かったので、これを販売してみたら案外良いお小遣い稼ぎになるのではないかと思ってネットショップを起ち上げました。

サイト作りは今では簡単にできるサービスが多いのでそれほど苦労する事はありませんでした。
ショッピングカートなども簡単に導入出来ましたし、支払い方法なども簡単に増やせてネットショップ作り自体は順調でした。

しかし、そこから先がまったく上手くいきませんでした。
ネットショップも全て用意出来て、販売する為の商品の制作も終わり、配送用の梱包材や着払い用の口座の開設など、あらゆるものを揃えるまでは良かったのですがお客さんがまったく訪れませんでした。

昔であればリンク集に登録すればある程度はネットショップに訪れてくれる人がいたのでしょうが、今はそういったリンク集も無く、あったとしても利用者が少なすぎて効果は微妙だと感じました。
その為、お客さんを呼び込む方法がありません。

SNSなどを使って宣伝などをしてみた

実店舗と違いますので、偶然お店の前を通ってお客さんが入ってくるという事はありません。対策としてSNSなどを使って宣伝などをしたのですが、そもそも宣伝を見てくれる人がいませんのでまったく意味はありませんでした。

一から写真投稿サイトなどで商品の写真を載せたりしてみましたが、やはりあまり反応は無かったです。
その為、ネットショップを開設してから数週間は1日の訪問者が0という事も多々ありました。

その後宣伝を何度も投稿したところ1日で10人くらいはネットショップに訪れてくれるようにはなりましたが、その10人が必ず買い物をしてくれるというわけではありません。

初めて商品が売れるまでネットショップを開設してから2か月くらいは掛かりました。
1つ売れるだけでもそれくらいの時間が掛かるわけですから、当然商売としては成り立ちませんでした。

お小遣い程度なら稼げるのではないかと思ったのですが、まったく甘い考えでした。

1つ売れたら口コミなどで広がってお客さんが増えるかもとも思ったのですが、10個程度売れてもとくに何の反応も無く、今のところ数か月に1個売れるか売れないかと言った感じが続いています。

ネットショップを維持するのに実店舗並みの大金が必要だという事はありませんのでなんとなくそのまま続けていますが、結果としては大失敗でした。
何かをきっかけに状況が変わるかも知れませんが、今のところはネットショップ開設時に用意した商品がまだ残っている状態です。

根戸さくおの一言

今の時代SNSの活用は有効だと思いますが、単発ではなく継続して告知等をしないとその効果は薄いと感じています。また商品の紹介ならInstagramが一番有効でしょうか。

僕のところもInstagramからショップに流れてくるお客さまが結構いらっしゃいます。

目的別おススメのレンタルカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です