開業から運営までのまとめ

ECサイトはモール型と自社(独自)でどう違う!?5つの違いと選択法をご紹介します

ECサイトを立ち上げるにあたり「モール型ECサイト」と「自社(独自) ECサイト」のどちらにするかで悩む人は多いことでしょう。

実際ECサイトはモール型と自社(独自)で大きく異なる特徴を持ちます。
つまり、この決定はECサイトの運営に大きな影響を与える可能性があるのです。
今回は判断を間違えて後悔しないためにも、これらの特徴やどちらを選択すればよいのかをご説明します。

モール型と自社で大きく異なるECサイトの開業方法

モール型と自社(独自)ではネットショップの開業方法が大きく異なります。
まずはどのように異なるのかを理解していきましょう。

ネットショップを始めたい初心者のための基本的な開業講座

モール型ECサイトの概要と開業方法

モール型ECサイトの「モール」とはショッピングモールの「モール」と同じ意味合いを持っています。
ショッピングモールには多くのお店が集まっているように、モール型ECサイトには多くのネットショップが集まっています。
つまり、ネットショップの集まるウェブサイトのことをモールと呼び、モール型ECサイトはここに出店することを指します。

モールには有名なものがいくつかあり、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがその代表例です。
これらを利用したことがある人であれば、モール型ECサイトのイメージをしやすいことでしょう。

モール型ECサイトの開業方法は、利用したいモールに開業の申し込みをすることから始まります。
自分から出店したいと申し込みをし、それが受け入れられることで開業が実現します。
場合によっては拒否される可能性も含まれていることがモール型ECサイトの特徴でもあります。

また、Amazonと楽天市場の2つが有名ですが他にも選択肢はあります。
有名なものだけではなく、特定の業種に特化したモール型ECサイトも存在しています。

「Yahooショッピング」開業0円プロフェッショナル出店でお店を開こう 楽天出店は「エンパワーメントプラン」か「通常プラン」かで考える?

自社(独自)ECサイトの概要と開業方法

自社(独自)ECサイトはその名の通り自社用に専用のECサイトを開業するものです。
現在ではASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)が幅広く利用されていて、他社が提供するECサイトの機能をレンタルして自社のサイトのように運営するものが大半です。

ASPの例には「カラーミーショップ」「MakeShop」「ショップサーブ」などが挙げられます。

他社が提供するECサイトをレンタルするイメージですので、月額数千円からの利用料さえ支払いをすれば簡単にECサイトを保有できます。
開業に必要な費用も維持費用も安価でありながら、常に最新の機能を利用できるメリットもあります。

基本となるデザインテンプレートなども用意されていますので、これらを利用することで簡単に開業が可能です。
カスタマイズをするとなると時間を要しますが、基本的な機能とデザインで利用するのであれば、開業のハードルはほぼありません。

まずは30日間無料お試しで「カラーミーショップ」を実際に体験する

モール型ECサイトと自社(独自)ECサイトの違い

モール型ECサイトと自社(独自)ECサイトの概要はご説明しました。
それでは利用にあたりどのような違いがあるのでしょうか。

最低限意識してもらいたいことは5つありますので、今回はそこを中心にご説明していきます。

ネットショップ開業で「成功する人」「失敗する人」の違い

初期費用や運営費用の金額

初期費用や運営費用の違いについてご説明します。
まずはECサイト開設の初期費用について比較すると以下のとおりです。

・モール型ECサイト:モールへの出店費用が中心

・自社(独自)ECサイト:ASPへ支払うECサイトの開設費用が中心

モール型ECサイトでは出店のための登録費用が必要です。
これが初期費用の中心で、特段高額な支払いとはならないECサイトが大半ですので心配は不要です。

それに対して自社(独自)ECサイトを開設する場合にはASPへ開設費用を支払う必要があります。
他社が提供するECサイトをレンタルするわけですので、レンタル前の初期費用を支払うイメージです。
利用するASPや契約の規模によって左右されますが、こちらもさほど高額ではなく高くても数万円の支払いで済むことが大半です。

また、ECサイトの運営費用について比較すると以下の通りです。

・モール型ECサイト:モールの利用料が中心

・自社(独自)ECサイト:ASPの利用料が中心

モール型ECサイトではモールの利用料が必要です。
また基本料金を支払う必要があり、売り上げに応じた手数料も支払わなければならないことが基本です。

それに対して自社(独自)ECサイトではASPの利用料が中心です。
ECサイトのレンタル料金さえ支払いをしていれば、あとは売り上げがいくらだろうと運営費用には差が出ないことが特徴です。

ECサイトを構築開業するための手間や難易度

ECサイトを構築開業するための手間や難易度はどの程度なのでしょうか。
この点についても比較してみると以下の通りです。

・モール型ECサイト:手順が確立されていて容易であり短時間

・自社(独自)ECサイト:テンプレートの利用ならば容易であり短時間

どちらを利用する場合でも、基本的なサービスを利用するための手順やテンプレートは用意されています。
そのためECサイトを構築開業するための手間や難易度はどちらも容易です。

ECサイト初心者でも簡単に利用できます。

自社(独自)ECサイトではテンプレートをベースとしたカスタマイズが可能ですので、少々時間がかかるかも知れませんが、独自のカスタマイズが比較的簡単に出来ます。

MEMO
ただし多少なりとも「CSS」「 HTML」の知識は必要な場合もあります。

決済方法の導入難易度や選択肢の広さ

ECサイトの利便性を左右するのが決済方法の幅広さですので、これについても比較をしてみましょう。

・モール型ECサイト:既に用意されていて容易で幅広い
・自社(独自)ECサイト:既に用意されていて容易だが利用申請などが必要

どちらを利用しても基本的な決済方法は用意されていますので、導入難易度という観点では難しいものではありません。
※ECサイトの機能に決済が最初から含まれています。

ただ、選択肢の広さに関しては少々差があります。
モール型ECサイトの場合にはモールとして利用できる支払い手段が決まっていることがあります。
例えばクレジットカードと代金引き換えのみと決められているのです。

それに対して自社(独自)ECサイトでは、あるサイトではクレジットカードのみ、あるサイトではクレジットカードと楽天Payなど選択肢を広げられます。

選択肢の広さや増やす難易度という観点では自社(独自)ECサイトが有利です。

注意
ただし現在ではAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのモール型ECサイトも自社(独自)ECサイトも多種多様な決済方法が用意されているところが多いです。
ネットショップの売上アップを目指すなら決済方法の多様化は絶対必要

集客方法やECサイト自体の集客力

集客できなければECサイトを開設しても売上につながりません。
この点についても比較をしてみましょう。

・モール型ECサイト:モール自体の知名度があれば集客は容易

・自社(独自)ECサイト:自社の知名度がなければ集客は容易ではない

大手のモールを利用したECサイトではモール自体の知名度があります。
例えば楽天市場などは利用している人も多いことでしょう。
そのため、楽天市場にさえアクセスしていれば、自社のページを見てもらえる可能性があります。

そういう意味では集客は容易といえるかも知れません。

根戸さくお

ちょっと悲しいですが、Amazonや楽天ブランドのイメージがあまりに大きいため、お客さんはどこどこのお店から買ったという認識はなくAmazonや楽天市場から購入という認識しか残らない人が多数存在します。

しかし、自社(独自)ECサイトではモール型のように自然と利用者が増えるものではありません。
検索エンジンからの流入もありますが、ある程度は自社に知名度がなければ集客できない部分もあります。

しかしモール型は集客が容易であるものの、競合他社も多いことが特徴です。
それらに打ち勝つことを踏まえると、どちらも集客にはある程度の知名度やブランド力が必要です。

なかなか売れないネットショップ!最大の原因は言わづもがな集客にあり

検索流入のしやすさの違い

モール型ECサイトは関連する商品として他社のページに自社の商品が紹介されることがあります。
※その逆の場合もあります。

そのため他社のブランド力を借りる形で自社の商品をアピールできることがあります。
これは自社(独自)ECサイトではありえないことです。

注意
言い換えるとモール型ECサイトでは自社の商品よりも他社の商品に興味を持たれてしまう可能性もあります。

ざっとですが、以上がモール型ECサイトと自社(独自)ECサイトの注意しておきたい5つの違いです。

初めての開業は「モール型」のECサイトがおすすめ

初めてECサイトを開業するのであれば、モール型を選択することがおすすめです。
理由はモール型を選択すれば初心者でも簡単に開業できるからです。

自社(独自)ECサイトもテンプレートを利用すれば簡単に開業できるようにはなっていますが、それを踏まえてもモール型を選択したほうが初心者は作業しやすいでしょう。

専門的な知識がほとんどなくともECサイトを利用できます。

例えば、モール型を利用するとECサイトの立ち上げに必要な基本的な部分は提供してもらえます。
ECサイトに関することを何も知らなくても、開業できる仕組みを提供してもらえるのです。
自社(独自)ECサイトでは決済手段の選択肢を検討するなどの作業がありますが、モール型ではこれらすらなくなるのです。

また、最近はモール型でもカスタマイズができることがあります。
決まりきったECサイトしか構築できないこともありますが、今では多少の融通が利くものも存在しています。
モールである以上限界はあるものの、昔よりはモール型も使いやすくなっています。

MEMO
楽天市場なら「楽天GOLD」です。
ただし多少「CSS」「 HTML」の知識は必要です。

モール型ECサイトと自社(独自)ECサイトでは開業のハードルがやや異なります。
初心者が簡単に開業をすることを考えるのであれば、より簡単なモール型をおすすめします。

WordPressでネットショップを開業するのに向いてるのはどんな人?

月商100万円以上売り上げたいなら「自社(独自)ECサイト」がおすすめ

月商100万円以上の売上を獲得したいのであれば自社(独自)ECサイトがおすすめです。
自分が思い描くECサイトを構築しやすいメリットがあります。

例えば雑貨など比較的単価が安いものである場合、月商100万円程度売り上げられるものは製品としての認知度は高いと考えられます。

つまりブランドが確立されていて、独自にECサイトを立ち上げても十分に戦っていけると推測されます。

このような時に重要となるのは、いかにして使いやすいECサイトを利用者に提供するかということです。
販売するものによって使いやすいECサイトのデザインは異なります。
モール型のデザインでは効率よく商品が販売できないことも考えられ、知名度のある商品でも購買につなげられない可能性も出てきます。

しかし自社(独自)ECサイトであればこのような問題が解決されます。

モール型ではカスタマイズに限界がありますが、自社(独自)ECサイトは予算が許す限り自由にカスタマイズができるからです。
購買意欲を高めるECサイトを構築するのであれば、モール型を利用するのではなく自社(独自)ECサイトの利用がおすすめです。

根戸さくお

どこまで望むかですが、自分でカスタマイズ出来ないくらいのハイグレードなサイトを作りたいのであれば外部ベンダーに外見程度は作ってもらう必要性もあるかも知れません。

売上高を上げたいと考えている場合、複数の商品を同時に購入させるなどの工夫が必要です。
利用者の購入単価を高めることが重要ですので、自社(独自)ECサイトで工夫をこらしてみましょう。

月商100万円のネットショップの作り方「プロセスとチェックポイント」

本格的なビジネスなら「自社(独自)」副業なら「モール型」でスタートする

本格的なビジネスとしてECサイトを立ち上げるのであれば、自社(独自)ECサイトがおすすめです。

独自にECサイトを立ち上げることで、自社の戦略に沿ったECサイトが作りやすくなります。
カスタマイズを充実させるためには専門知識が必要となることもありますが、自由にECサイトの構築が可能です。
売上を伸ばすために必要な独自機能なども導入しやすい魅力もあります。

最初はモール形でスタートすることも可能です。
ただ、上記で述べたとおりモール型では本格的なビジネスを意識すると機能面で壁にぶつかってしまう可能性があります。
そのため、本格的なビジネスであれば、自社(独自)ECサイトを立ち上げてサービスを提供するのが理想的なのです。

それに対して副業の場合、ある程度はECサイトのサービスに対して妥協できる部分もあるでしょう。
もちろんこだわりを持つ部分もあるとは思われますが、副業である以上妥協できる部分もあるはずです。
こだわりすぎたECサイトを作成すると、もはや副業とは呼べない域に達しているとも考えられますので注意しましょう。

楽天出店を打診されるが、無計画で開業すると埋もれて溺れてしまう

副業であり低予算でECサイトを構築したいのであればモール型がおすすめです。
カスタマイズ性が一部制限されるなどの制約はありますが、ECサイトに必要な機能は揃いますので問題はありません。

MEMO
趣味の延長であまりお金をかけずにネットショップを立ち上げるなら、「BASE」のような無料ネットショップ作成サービスを利用したほうが簡単で効率的です。
無料で簡単に使えるネットショップ「BASE」アカウント登録から商品登録まで 大手2社で比較!ショッピングカートASP選ぶなら有料と無料どちらがいい?

ネットショップ開業比較まとめ

ECサイトの開業方法についてご説明しました。
モール型を利用する場合と自社(独自)ECサイトを利用する場合とではメリット・デメリットが異なることをご理解いただけたでしょう。
それを踏まえて、どちらのECサイトを構築するべきか検討していただけたはずです。

どちらのECサイトを利用するべきか一概に述べることは不可能です。
それぞれ特徴がありますので、上記のような比較結果を踏まえて判断しなければなりません。

基本的な判断は気軽にスタートしたいのであればモール型ECサイトで、本格的なビジネスであれば自社(独自)ECサイトです。

ただ注意をしなければならないこともあります。
例えば自社(独自)ECサイトの構築にはモール型ECサイトよりも時間とお金が必要となる可能性があります。
特にカスタマイズを増やして独自のECサイトを作り上げたいのであれば、計画を立てて物事を進めることが重要です。

見切り発車では中途半端で頓挫してしまうことも考えられます。

そのようなリスクもありますので、本格的なビジネスであってもまずはモール型を選択したほうが良い場合もあります。
最終的には比較内容を踏まえリスクなども考慮して最善の判断をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です