開業から運営までのまとめ

初心者でもできる?WordPressでネットショップを開設する3つの方法

WordPressは世界中で使われているCMS(コンテンツ管理システム)の1つで、詳しいコードの知識がなくても比較的簡単に自分のホームページを持つことができます。

今回は、ネットショップの開業をWordPressで行おうと考えている方に向けて、いくつかの選択肢をご紹介します。

WordPressとは?
オープンソースのブログソフトウェアです。
※誰でも無料で使えるブログソフトということです。

WordPressがネットショップ開設に向いている理由

ネットショップを開設するにあたり、サイトの使いやすさや集客の面など、様々なことを考えなければなりません。
まずは、WordPressがそれらの対策にどう有効に働いてくれるのかをご紹介します。

簡単なHTMLの知識で対応できる

WordPressのコンテンツ部分の編集は、太字や色の変更など、簡単なHTMLの知識があれば対応することが可能です。
プラグインという拡張機能を追加していくことによって、より簡単に本格的なサイト作りを行うことができます。
基本的には見たままの編集が反映されるので、サイトのデザインをWordPress内のテーマから選べばそのまま運営できるのが、法人個人を問わず世界中で広く使用されている理由でしょう。

「WordPressテーマ選び」有料か無料かの選択なら迷わず有料テーマで始めよう

コンテンツSEO対策に強い

コンテンツSEOとは、質の良い情報・中身があり検索者に役立つ情報を発信し、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自身のサイトを上位表示されるように対策をする方法です。

例えばユーザーが「冬 ニット」と検索したときに、始めたばかりのネットショップがGoogleで上位表示される可能性はかなり低いと思われます。
なるべく自身のサイトを上位表示させ、集客を増やすのがコンテンツSEOの目的です。

ネットショップを立ち上げるだけではそれらは叶いませんが、WordPressを利用することによってコンテンツ部分を充実させていくことが可能となります。

ネットショップ専用テーマとネットショップのプラグインの組み合わせがある

WordPressは無料で公開されているテーマがあり、ネットショップ専用のものも多数存在します。
ネットショップ専用のテーマとプラグインの両方を配布しているサイトがあるので、それらを使えば簡単に最短でWordPress上でネットショップを開設することが可能です。

しかし、後ほど詳しく解説しますが、WordPressでネットショップを運営するにはセキュリティ対策などの知識が必要になります。どのくらい自分で運営が行えるのかを考えながら、どういった方法でネットショップを作成しようか考えましょう。

WordPress連携を念頭に置いたサービスがある

ネットショップ作成サービスを提供している会社には、WordPressとの連携を念頭に置いてWordPressとショップで同じドメインが使用でき、デザインや文書の変更を簡単に編集できるサービスを配信しているところがあります。

こちらもSEO対策に絡んできますが、サイトのドメインパワーも検索結果の上位表示に効果的に働きます。
WordPressとネットショップを別個に開設し連携しようと考えている場合は、非常に嬉しいサービスです。

WordPressを使ってネットショップを開設する3つの方法

ここからは実際に、WordPressを使用したネットショップの開設方法を3つに絞ってご紹介します。

WordPressでショップを始めるには、実はいくつかハードルがあります。
外部のサービスと上手に組み合わせることによって、その難しい部分もクリアしていくことができますので、自分はどのやり方がベストかを探りながら読み進めてください。

方法1:WordPressのネットショップ用のプラグインを使用する

前述した通り、WordPressはプラグインを使ってサイトを構築していきます。
その中に、ネットショップ向けのプラグインがあり、それらを配布しているサイトがありますので、そのプラグインを使ってネットショップを開業することが可能です。

ネットショップ用のプラグインは無料のものと有料のものがあり、それぞれ搭載されている機能が異なりますので、自分がどの機能が必要かを精査して選びましょう。

こちらの方法のメリットとしては、デザインが豊富でコードの知識があれば自由にカスタマイズできることですが、デメリットはオープンソースであるがためにセキュリティの心配が常に付きまとうことが挙げられます。
完全にWordPressのみでネットショップを完結させるには、コードやサイト運営の知識が必要になります。

WordPressでネットショップを開業するのに向いてるのはどんな人?

方法2:カートだけレンタルサービスを使う

ブログのような使い方もできるWordPressは、取り扱う商品数が少ないネットショップや、駆け出しで知名度が低いネットショップには大きなメリットがあります。

そんなネットショップのオーナーには、WordPressで商品の紹介ページを作成し、その中に外部サイトのショッピングカートを設置する方法がおすすめです。

コンテンツ部分として、商品のこだわりや使い方・商品開発中の裏話・購入者の感想紹介など、これらの読み物をWordPressで作成することによって、顧客の購買意欲の向上やSEO対策を望むことができます。
そして、ページの最後に外部サイトでレンタルているショッピングカートのURLを張り付ければ、SSL対策も完了しますし商品を並べるページを見せることがないので商品の少なさが気になることもりません。

セキュリティ面でもサイトの見た目の面でも良いものが作れる、一挙両得が得られる仕組みになっています。
無料でカートだけのレンタルを行っているサイトが多数ありますので、使いやすいものを探してみましょう。

カラーミーショップの評判がよい理由!ネットショップ作成ツール比較

方法3:WordPressからネットショップへ飛べる(リンク)ようにする

WordPress上のみでは完結しませんが、ネット初心者や手軽にネットショップを始めたい方におすすめなのが、顧客をWordPressの記事から外部のネットショップへ飛ばす方法です。

先ほどのカートだけをレンタルする方法に近いやり方ですが、WordPressサイト以外にネットショップ用のサービスを使って、ショップを開設しておきます。

コンテンツの最後に『ご注文はこちら』という形でネットショップのURLを添付し、外部の商品ページへ飛ばします。買い物はまるっとネットショップ用のサイトでできるので、こちらもSSL対策や決済方法の選択などを自分で考えなくても良くなります。

カートのみのレンタルと違い商品の一覧が顧客から見られるので、扱っている品数が少ない時にはガランとした印象を与えるのがデメリットですが、それでも初心者の方にとってはセキュリティ面とショップの使い勝手の面ではメリットの方が大きく上回るのではないでしょうか。
初期費用・月額利用料が無料で、商品を登録するだけでおしゃれなサイトに仕上げてくれるサービスがありますから、お金をかけずにまずはネットショップを始めてみたいという方に最適な方法と言えるでしょう。

また、既に楽天市場などのモール型のネットショップを所持している方にも、この方法がおすすめです。
多数のショップが集まるモール型のネットショップは、ライバルが多い分顧客の目に留まる売り出し方をしなければなりません。より集客を増やそうと広告を出すとしても、その費用は決して安くありませんので、集客のために新たにWordPressでネットショップを開設しようと考えているのであれば、WordPressをコンテンツSEO対策に使い、既にモールに出品している商品へ誘導するのも1つの手段になり得ます。

売れないネットショップの集客施策にWordPressでブログを始めてみる

まとめ:初心者はWordPressと外部サイトの組み合わせが安心

WordPressはコンテンツ作成においては圧倒的なメリットがあるCMSですが、個人情報やクレジットカード情報等を取り扱うネットショップの運営においては、セキュリティに関する知識がないと不安が大きいというデメリットが存在します。
HTMLやCSSの知識があり、自身でサイトの保守・運営ができるという方であれば、自由度が高いWordPressのデザインとプラグインで作成し、理想通りのショップを作っていくのが良いでしょう。

反対に、初心者でサイトの運営のことはよく分からないけれど、コストを抑えて気軽にネットショップを作成したいという方は、手間に思えるかも知れませんがWordPressと外部のネットショップ用のサービスの2つを使用することをおすすめします。
セキュリティ対策のために慣れないコードを勉強しながら時間をかけてWordPressを研究するより、コンテンツページと商品ページを分けてリンクでつなげる方法が早くて簡単な上に安心です。

まずは30日間無料お試しで「カラーミーショップ」を実際に体験する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です